mTOR抑制劑Temsirolimus Torisel 腎細胞癌的新希望 2

mTOR抑制劑Temsirolimus Torisel 腎細胞癌的新希望.※動画元の(mTOR抑制劑Temsirolimus Torisel 腎細胞癌的新希望 2)より抜粋
作成日:2009-05-05
チャンネル:癌症新觀點


Supported by Rakuten Developers


■腎細胞がんを含むネットの声…
※動画に関係ないものが表示される場合があります。

■3-029:荒城の肝心な空(月夜)>肝細胞癌:ソラフェニブB-Raf/ブルースカイ(ネクサバール®)>腎癌・甲状腺がんにも使用される - by さりりんの臨床力向上委員会知識bot
■@car19_t @tossact @czkLSRsIBJLpSID 何それw1609人だけ?w 高濃度ビタミンC療法は、欧米では癌治療としてポピュラー。米国国立がん研究所(NCI)の Best Case Series Progr… https://t.co/In6SRvaoKI - by ろでろでろでぇ
■Glut-1は12回膜貫通型(N末端、C末端共に細胞質側)の膜蛋白ファミリーでインスリンの有無に関わらず、血中グルコース分子を取り込む。赤血球、胎児組織、脳、腎、がん化組織など殆んどの組織に発現しているが、... - by apathology2
■ありがとうございます。 それは腎臓癌(腎細胞がん)なのか、腎盂尿管癌(腎盂や尿管などおしっこの通り道)なのかによります。 腎臓癌は尿路(腎盂、尿管など)に影響を及ぼさないので、尿管を取る必要がありま... - by Dr.こば🍄@男性ホルモン研究家
■@tossact @car19_t @czkLSRsIBJLpSID また勘違いしてるな。医師自身が抗がん剤を信用してないんだよ。 高濃度ビタミンCが、がん細胞だけを破壊するのに対して、通常の抗がん剤は正常細胞にもダメージを与えて… ht... - by ろでろでろでぇ
■@Ghost_sirokuro ・材料不足:ビタミンB12不足、葉酸不足、鉄欠乏性貧血、巨赤芽球きょせきがきゅう性貧血または悪性貧血など ・赤血球の源となる幹細胞の異常:再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、赤芽球癆 ・何... - by 月華猫
その他の動画

ワードピックアップ