労働基準法の罰則とはどんな内容なのか?

普段の業務でも、ニュースでもあまり見かけませんが、実は労働基準法にも罰則規定があります。 労働基準法に違反すると、どのようなペナルテ...※動画元の(労働基準法の罰則とはどんな内容なのか?)より抜粋
作成日:2016-05-28
チャンネル:社会保険労務士法人アイプラス




その他の動画



■労働基準法36条を含むネットの声…
※動画に関係ないものが表示される場合があります。

■【三六協定】 時間外協定のこと。労働基準法第36条に基づき、時間外労働および休日労働に関して使用者と労働組合または労働者の代表との間で結ばれる協定。 - by 辞書ったー
■残業してる人に質問です 36協定を知っていますか? 労働基準法36条に基づく労使協定、企業が法定労働時間(1日8時間・1週間で40時間)を超えて労働(残業)を命じる時に必要。36協定は、締結し、所轄の労働基準監... - by としやん[みんと]
■@zerohara_mentor 労働基準法第36条の規定も参照していただけると嬉しいです。 #36協定 #労働組合 - by いながしトンボ
■36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(... - by 🐧公認心理師bot
■法定労働時間を超えて労働者に時間外労働をさせる場合や法定休日に労働させる場合には、①労働基準法第36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)の締結、②所轄労働基準監督署長への届出が必要です。 - by 労働法bot
■使用者は、労働基準法第66条第2項の規定に基づき、妊産婦が請求した場合においては、同法第33条第1項及び第3項並びに第36条第1項の規定にかかわらず、時間外労働をさせてはならず、又は休日に労働させてはならな... - by 社労士過去問@合格目指して頑張ろう
■36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(... - by 🐧公認心理師bot
■36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(... - by 🐧公認心理師bot
■36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(... - by 🐧公認心理師bot
■法定労働時間を超えて労働者に時間外労働をさせる場合や法定休日に労働させる場合には、①労働基準法第36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)の締結、②所轄労働基準監督署長への届出が必要です。 - by 労働法bot